From Iranian Engineer to Canadian Architect – Japanese

 In DescU Jblog

2015年に彼女の国から逃げてきた難民ジャーナリストがブログを書いています。彼女の話を通して、カナダへの移住においてユニークな視点が見えてきます。

シリン アザドから

プロフィール:今回の投稿では、シリンさんがインターンアーキテクトとして活動するNoor氏にインタビューを行いました。シヴァさんはイランのテヘラン出身で、2008年にエドモントンに移住し、2017年にバンクーバーに移住しました。彼女は建設会社や建築会社で働いてきました。

Q. カナダに来たのはいつですか?初日はどうでしたか?

2008年5月28日にエドモントンに到着し、姉が出迎えてくれました。初日は、すべての静けさに衝撃を受けました。

Q. 技術士会の資格を取得するために再受験したのですか?

いいえ、母国では工学と建築を同時に2つの異なる専攻でした勉強をしていましたが、建築の道に進みましたんですが、簡単ではありませんでした。まず、履歴書を更新して専門的な面接のスキルを身につけるための授業を受けて、英語力の向上を図りました。次に、設計のためのパソコンスキルを身につけ始め、資格の評価をしました。インターンアーキテクトとしてアルバータ州建築協会のメンバーとして認められるためには、6ヶ月間のコースに合格しなければなりませんでした。

Q. カナダで初めて建築関係の仕事を見つけたのはいつですか?

2011年にアルバータ州の有名企業に採用されました。最初にマネージャーとの面接と、その会社のCEO/オーナーとの面接の2回の面接は簡単ではありませんでしたが、自分のこの分野の知識を信頼していたので、とても自信がありました。

Q. 英語での面接を受けてみて、どのような気持ちでしたか?

カナダに移住する際にはIELTSのテストを受けなければならなかったので、英語力に大きな問題はありませんでした。数ヶ月後、2回の面接を受けましたが、面接官から “英語レベルは許容範囲です “と言われました。

Q. 仕事のキャリアレベルは本国と同じでしたか?

いいえ、イランとは違います。同じように高い地位につくことはできませんでした。イランでは、建築事務所で働いたり、大学で教えたりしていました。私の経験のほとんどは、設計者、プロジェクトマネージャー、研究者としてのものでした。しかし、私は希望と自信を失うことはありませんでした。

Q. カナダでのキャリアを復帰するにあたり、直面した課題は何でしたか?

建築は世界中で様々な側面を持っています。それは技術、気候、文化によって異なります。例えば、イランでは金属が主に使われていますが、カナダでは家を建てる際に最初に使われるのは木材です。一方、イランでは金属の鉱山が豊富ですが、木材の埋蔵量はカナダに比べて少ないです。また、イランは暑くて乾燥した気候に位置しており、カナダのほとんどが寒冷地であることもデザインの違いの理由の一つです。

Q. 採用されてからのコミュニケーションで苦労したことは何ですか?

最初は、カナダの会社でのプロジェクトに全く慣れていませんでした。次は、私は常にイランでプロジェクトマネージャーをしていたので、ハンズオンレベルの仕事をするのは簡単ではありませんでした。そして三つ目は、昼食以外の時間はずっと仕事をしていたのですが、数ヶ月後に同士と仲良くなってからは、彼らと一緒に仕事をするのが楽しくなってきました。私たちは人間なのですから、仕事をしていても心身ともに健康な生活をしなければなりません。

Q. カナダに来て働きたいと思っている他の技術職の方に、どのようなアドバイスをしますか?

重要なポイントは言語です。二つ目のポイントは、自分の知識や経験に自信を持つことです。また、仕事を見つけた時には、自分のキャリアに影響を与える様々な点でスキルを向上させることですが、同じレベルに留まろうとしないことです。常に自分自身をアップデートし、知識を得る必要があります。

Recent Posts

Leave a Comment

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.